聖マザー・テレサ


 

ローマ法王フランシスコはバチカン(ローマ法王庁)のサンピエトロ広場で、
インドのカルカッタ(現コルカタ)で貧しい人たちを助ける活動に
生涯をささげたカトリック修道女のマザー・テレサが
2016年9月4日、聖人の列に加えられた。

「カルカッタのテレサを聖人に」と宣言した。

しかし、フランシスコ法王は
「慈しみは彼女の仕事を味付けする『塩』であり、
貧しさと苦しみのあまり流す涙もない多くの人々の暗闇を照らす『光』だった」
と述べ、
弱い立場にある人たちに寄り添った偉業をたたえた。

法王が「身近すぎて『聖テレサ』と呼びにくい。
「マザー・テレサと呼び続けると思う」と語ると、
会場から大きな拍手がわいた。

カトリック教会の聖人や福者はほとんどが、
死後何十年もたった後に列せられている。

しかしマザー・テレサの場合、
19年前に死去した直後から、
聖人に列するための手続きを早めるよう求める声が強まった。

こうした声を受けて2002年10月、
当時のローマ法王ヨハネパウロ2世が
1つ目の奇跡を認定して「福者」に列した。

その後フランシスコ法王が2つ目の奇跡を認定、
マザー・テレサを聖人に列すると発表していた。





マザー・テレサページへ戻る