(7)




占星術の学者たちが訪れる
                    マタイ2・1〜8

 エルサレムの各門の内側に接していた空間は、たびたび市場になっていた。
そこには見張り番もいた。画家はその市場の騒々しい商売の雰囲気の中に、
占星術の学者たちのエルサレム入りを描いた。その一人は兵隊に尋ねている。
「生まれたばかりのユダヤ人の王はどこにおられるでしょうか」。その質問を聞く
人達皆が驚いている。