11月19日


世界一美しい本
THE WORLD'S MOST BEAUTIFUL BOOK

友よ、こんにちは。
いかがでしょうか。

好みがあるから断言できないでしょうが、
それでも
ルカ福音書は世界中の
最も美しい本だと言われています。
少なくとも、
聖書を読む人たちの中で
そう言われています。

どうしてルカ福音が
そんなに美しいと言うのでしょうか。 
彼はユダヤ人ではなく、異邦人ですね。

ですから、
彼の書いた福音の対象は
ユダヤ人ではなく、
外国人、異邦人、世界の人々向けです。

彼の視野は広いということですね。
例えば、ある福音では
キリスト様を「ラビ」と呼びます。
これはユダヤ人の言葉で
「先生」という意味です。

ルカは「主」と呼びます。
彼はユダヤ人たちの習慣を知らない
人たちのことを頭において、
キリスト様をこのように紹介しているわけです。

もうひとつの例です。
キリストの系図です。
マタイ福音はキリスト様の系図は
ユダヤ人の元祖アブラハムから記しました。
(マタイは特にユダヤ人たちを対象にして書いていた。)

ルカは人類の元祖アダムから記します。
つまり、
キリスト様は特定の人たちのためだけではなく、
すべての人々のために来たということを
強調したかったのです。

ルカは人間を分け隔てる
さまざまな壁を打ち壊そうともしていました。
罪人と義人、
男と女、
邦人と異邦人などの区別を超えて、
すべてを包容なさる神様の愛を
さまざまな例をもって現しています。

これはキリスト様に倣った方法です。
深い愛の教えです。
やはり、美しいですね。

では、またあした・・・。
ペトロ神父





このページの文章は毎日新しくなります。又来て下さいね!

ペトロ神父のfacebookページにはこちら