9月21日


人生の修復
Repairing Life

友よ、今日いかがでしょうか。
ご健康を祈ります。

かなり前に
バチカンのサン・ピエトロ大聖堂にある彫刻
ピエタ像がひとりの精神異常者によって
その一部がこわされました。

幸に、
世界中からの優秀な彫刻家たちの手によって
その彫刻が元の形に修復されました。

思えば、
ある意味での修復が
人間にも必要ではないでしょうか。

創世記にはこう書いてあります。
「神は御自分にかたどって人を創造された。
神にかたどって創造された。
男と女に創造された。」

その時点で、
人間は理想の姿を見せていました。
あいにく人祖アダムとエヴァの罪のために
その理想的な姿は大きなダメージを受け、
もはやこの地上では
元の理想の姿を取り戻すことはできなくなりました。

それ以来、
人間は、「罪人」という変形した神の似姿となり、
そこから元の神の似姿へと変身しなければならない
「修復作業」が必要となってきました。

救い主イエス様によって
それが出来ましたが、
それでも、
神さまの協力者となる人間、
一人ひとりにも
この「修復作業」が課されてきました。

一生の大事なつとめですね。

では、また、あした・・・。
ペトロ神父





このページの文章は毎日新しくなります。又来て下さいね!

ペトロ神父のfacebookページにはこちら